銅管のコーティング

銅管とは耐久性や施工性などに優れている配管材として広く使われており、抗菌性なども高い為、私達の普段の生活に密着したものと言えば、水道管がポピュラーです。

ですが水質によっては銅イオンなどが溶け出すことによって、青い水という問題が起こったり、管内の側面が腐食することなどもあり、長く使うにはデメリットがあるとされてきました。

水道管などは一度地中に埋めてしまうと中々取り替えることがない為、耐久性や抗菌性などに加えて腐食に強い管にする為に最近では管内の側面に鈴をコーティングすることで腐食を防ぐなどの開発がされており、鈴をコーティングすることで銅イオンが溶け出すのを防ぐ役割を果たしてくれるそうです。

この試みは世界各国で取り組まれており、日本のように水道の蛇口をひねれば、飲むことが出来る水が出てくる国ばかりではなく、水道の整備が敷かれていない国や地域がたくさんある中で、水道ンお整備をするに当たってこのようなコーティングのされた銅管は数多く利用されているのです。